成功するイノベーションのために:Googleの革新的なオフィス環境と文化に触れるイベントを開催

CCIFJイベント  | 

在日フランス商工会議所のデザイン・シンキング委員会は2017年7月4日、Googleとの共催で「イノベーション・カルチャー・ブレックファスト」イベントを開催した。在日フランス商工会議所の会員限定で行われ、約55名がGoogle Partner Plexを見学し、ネットワーキング・ブレックファストで交流を楽しみ、CardboardやTilt BrushなどGoogleの新技術を体験した。ネットワーキングの後、Googleのイノベーション文化、ワークスタイル改革、オフィスデザイン哲学に関して、3名のプレゼンテーションが行われた。

Google Partner Plex Tokyoのプログラム・マネージャー、スチュアート・ミラー氏は、Googleの歴史を振り返り、18年前にスタンフォード大学の学生2人が、より良い検索エンジンを創るというひとつの野心を抱きガレージで創業したストーリーを語った。ミラー氏は、Googleの9つのイノベーションの原則をリストアップし、そのうちの一つ「ムーンショット・シンキング」について丁寧に解説した。イノベーションを行うとき、月面着陸の発想が初めて言及されたときと同様、最初はそのアイデアが不可能に思われるものだ。この原則が、GoogleマップやGoogleアース、ストリートビューの創造へとつながったという。ミラー氏は、「企業文化は戦略を朝食に食べる(Culture eats strategy for breakfast)」という(ピーター・ドラッカー氏の)言葉を引用し、企業文化の重要性を語った。

Google日本法人のマーケティング本部長、アジア太平洋地域ブランド&マーケティングマネージングディレクターの岩村水樹氏は、イノベーションを育てるときの環境の重要性を強調した。売上目標の達成率は、環境に安心できると感じているときは17%を超え、安心できないと感じているときは目標にすら達しない(-19%)という。ある研究によると、アンケート調査に応じたマネージャーのうち69%が、ワークスタイルを変えたいがどのようにしたらよいかわからないと回答した。岩村氏は、社員にビデオ会議を利用しながら最低1度は在宅で勤務すること、またオンラインカレンダーで仕事のスケジュールを上司と共有し自分の帰宅時間を設定することを課したワークスタイル改革の試験的な取り組みについて報告を行った。1週間にわたるこの試み以前は、47%のマネージャーが在宅ではできない仕事がいくつかあるだろうと答えていたが、試み後はわずか12%にと減少した。最終的に、共有カレンダーとクラウドベースのドキュメントツールの利用によって、ミーティング時間が66%削減され、平均勤務時間が1日8-9時間から7-8時間に短縮された。

Googleファシリティマネージャーの小宮山美樹氏は、Googleのオフィスデザイン哲学について語った。Googleの社員は、オフィス内のどこでも仕事ができる。高さが調節可能なデスク、集中するためのワークエリア、(社員のボランティアによって運営されている)ライブラリーがあり、社内に数か所あるカフェ内や、無料の飲み物や軽食が用意されているマイクロキッチンは、共同作業に最適だ。日本支社には、仮眠室、シャワー・マッサージルーム、自然に触れられるスペース、楽器を弾くための防音室など、数えきれないほどのリフレッシュスペースがある。卓球、テーブルサッカー、クライミングウォールも設置され、利用者のフィードバックやアンケートを通して定期的に改良されている。

この記事の翻訳は、以下の企業の協力で行われています。
有限会社プリモ
翻訳・通訳(仏、英、露、中、韓、西、他)、仏語教室、フランス語通訳者、翻訳者養成講座、一般労働者派遣及び紹介、フランス大使館認定法定翻訳をおこなう。
HP : www.primots.com/、連絡先:information (at) primots.com (日本語・フランス語)




雑誌「フランス・ジャポン・エコー」

雑誌「フランス・ジャポン・エコー」

賛助会員

    • A. RAYMOND JAPAN CO., LTD
    • AGS
    • AIR FRANCE
    • AIR LIQUIDE JAPAN LTD
    • AKEBONO BRAKE INDUSTRY CO., LTD
    • ANDAZ
    • AXA JAPAN HOLDING CO., LTD
    • BACCARAT PACIFIC KK
    • BARON PHILIPPE DE ROTHSCHILD
    • BLUEBELL JAPAN LTD
    • BNP PARIBAS
    • BOLLORE LOGISTICS JAPAN K.K.
    • CHANEL KK
    • CLARINS KK
    • CLUB MED K.K.
    • CREDIT AGRICOLE CORPORATE AND INVESTMENT BANK
    • DAIMARU MATSUZAKAYA DEPARTMENT STORES
    • DAIWA HOUSE
    • DANONE JAPAN CO., LTD
    • DATAWORDS JAPAN KK
    • DELOITTE TOUCHE TOHMATSU
    • DIGITAL SURF
    • EDENRED
    • ERNST & YOUNG
    • FAST RETAILING
    • FAURECIA JAPAN KK
    • FRENCH FANDB
    • GARDE
    • GODIVA
    • GRAM3
    • GRAND HYATT TOKYO
    • GROUPE SEB JAPAN CO., LTD
    • GURUNAVI
    • HACHETTE COLLECTIONS JAPAN KK
    • HAYS
    • HERMÈS JAPON CO., LTD
    • HYATT REGENCY TOKYO
    • ICHIKOH INDUSTRIES
    • JK HOLDINGS
    • KERING
    • KPMG
    • L'OREAL
    • LAGARDERE ACTIVE ENTERPRISES
    • LEFEVRE PELLETIER & ASSOCIES
    • LONGCHAMP
    • LVMH MOËT HENNESSY-LOUIS VUITTON
    • MARUYASU INDUSTRIES
    • MAZARS JAPAN KK
    • MIKADO KYOWA SEED
    • MITSUI FUDOSAN
    • NATIXIS TOKYO BRANCH
    • NESPRESSO
    • NIHON MICHELIN TIRE CO., LTD.
    • NIKON-ESSILOR CO., LTD
    • NISSAN MOTOR CO., LTD
    • NTN CORPORATION
    • ORANGE JAPAN
    • OTSUKA CHEMICAL CO., LTD
    • PARK HYATT TOKYO
    • PERNOD RICARD JAPAN KK
    • PEUGEOT CITROËN JAPON CO., LTD
    • PIERRE FABRE
    • PRIOR CORPORATION
    • PURATOS
    • PWC
    • RELANSA, INC.
    • RENAULT
    • RICHEMONT JAPAN LIMITED
    • ROQUETTE JAPAN KK
    • S.T. DUPONT
    • SAINT-GOBAIN (GROUP)
    • SANOFI
    • SIA PARTNERS
    • SMBC
    • SOCIÉTÉ GÉNÉRALE
    • SOLVAY JAPAN
    • SWAROVSKI JAPAN
    • SYSMEX BIOMERIEUX CO., LTD.
    • TASAKI
    • THALES JAPAN KK
    • TMI ASSOCIATES
    • TOTAL TRADING INTERNATIONAL SA., TOKYO BRANCH
    • TOYOTA BOSHOKU CORPORATION
    • TOYOTA TSUSHO
    • VALEO JAPAN CO., LTD
    • VALRHONA
    • VEOLIA WATER JAPAN KK
    • WENDEL JAPAN KK

地図

東京オフィス
〒102-0085 東京都千代田区
六番町5−5 飯田ビル
Tel : 81-3-3288-9621 | Fax : 81-3-3288-9558
(地図を印刷する)

関西デスク
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-19 マニュライフプレイス堂島9階
ボロレ・ロジスティクス・ジャパン株式会社
Tel : 81-6-4795-5126 | Fax : 81-6-4795-5032
(地図を印刷する)

お問い合わせ
コンタクトページへ