中国人の爆買い復活は

日本の高級品市場に中国人買い物客が押し寄せたのは2014年のこと。そして2016年、彼らは掌を返したように姿を消した。

特集  |   | France Japon Eco

新風か、それともバブルか新風か、
新風かそれともバブルか――2014年から2015年にかけて、中国人観光客は日本の高級品産業の未来を照らす光のような存在だった。「お上」の方では両国政府が歴史的・地政学的なしがらみの中で刃物片手に睨み合う中、中国の中産階級がとった選択は日本に足を運んでホテルやレストランを埋め尽くし、ブティックの棚を根こそぎ空にするというものだった。有名な超高級時計ブランドの日本代理人は当時の様子を「まるでコンビニで買い物しているような感じなんです!」と表現している。
こうして登場した新たな顧客に問題がなかったわけではない。他所で購入した雑多な品々(おむつ、炊飯器……)を抱え、慌ただしく高級品店になだれ込んでくる彼らは、怪訝な目を向ける常連の日本人客とトラブルになることもあった。とあるブランドの経営者は「高級品販売には文化の異なる他国から来た団体客の誘導がつきもので、わが社もパリではそれに忙殺されています。もちろん入口でお客さんを選別するわけにもいきませんから、ここでは中国人観光客が免税手続きをスムーズに行えるよう免税カウンターを別に設けました」と語る。
銀座のブティックに押し寄せ、そこに並ぶ高級品をわずかな時間で一気に買い占めていくこの騒々しく賑やかな買い物客の様子は、新語好きの日本のプレスから「爆買い」と形容されるようになった。こうした状況が生じた原因はごくシンプルだ。中国人観光客に対するビザ発給条件の緩和、そして円安、さらに航空インフラの充実なども相俟って、上流志向の強いこれらの新たな買い物客がこぞって日本に押し寄せたのである。2015年には微生物までこの潮流に乗ったということか、韓国で流行したMERSコロナウイルスなども日本訪問を目論んでいたようだ(!)


北京はこの流れに難
だがここには中国当局の動きが計算に入っていなかった。2016年4月、北京はホイッスルを鳴らしてこのお祭り騒ぎの終了を告げる。ここ30年間、このような消費の「飛躍的」拡大とは無縁の中国にあって、国民が自国ではなく外国で出費を重ねることは到底容認できなかったのだろう。一方で、大々的な反汚職運動を推し進めている習近平は、現金授受の代わりに高級品が幅を利かせる昨今の状況に鑑み贈答品(腕時計など)産業に厳しい目を向け、中国税関も高級品で一杯のスーツケースを手にした旅行者には容赦なく罰金や税金をかけてくる…… こうした締付けは世界各国に大きな影響を及ぼした。まず香港に大打撃を与え、そして今では日本がまさにその俎上にあがっているというわけだ。こうした措置と時を同じくして円の対人民元レートが上昇すると、中国国内での買い物との比較で日本が有していた利点もほどなく雲散霧消することになった。
これまでの殺到ぶりがあまりにすごかったので、業界関係者はある種の陶酔状態に陥った。欧州各国は観光客の財布をあてにするようになって久しいが、日本の場合高級品を購入してくれる主要な顧客は常に日本人だったからだ。「大型百貨店なども中国人の買い物熱がこの先ずっと続くと信じて、ちょっと無理のある企画を立てることもありました」と説明するのは、フランス有名ブランドの代理人。これらの百貨店は、中国人買い物客向けの免税商品なども開発したという。「高島屋では建物上階に免税フロアを設けました。いずれにしても上階に客足を呼び込むのは難しいですから良いことづくめのはずでしたが、見込んだ利益は得られていません」と、あるフランスブランド代理人は語る。

「フランス・ジャパン・エコー」の一覧を見る

賛助会員

    • A. RAYMOND JAPAN CO., LTD
    • AGS
    • AIR FRANCE
    • AIR LIQUIDE JAPAN LTD
    • AKEBONO BRAKE INDUSTRY CO., LTD
    • ANDAZ
    • AXA JAPAN HOLDING CO., LTD
    • BACCARAT PACIFIC KK
    • BARON PHILIPPE DE ROTHSCHILD
    • BLUEBELL JAPAN LTD
    • BNP PARIBAS
    • BOLLORE LOGISTICS JAPAN K.K.
    • CHANEL KK
    • CLARINS KK
    • CLUB MED K.K.
    • CREDIT AGRICOLE CORPORATE AND INVESTMENT BANK
    • DAIMARU MATSUZAKAYA DEPARTMENT STORES
    • DAIWA HOUSE
    • DANONE JAPAN CO., LTD
    • DATAWORDS JAPAN KK
    • DELOITTE TOUCHE TOHMATSU
    • DIGITAL SURF
    • EDENRED
    • ERNST & YOUNG
    • FAST RETAILING
    • FAURECIA JAPAN KK
    • FRENCH FANDB
    • GARDE
    • GODIVA
    • GRAM3
    • GRAND HYATT TOKYO
    • GROUPE SEB JAPAN CO., LTD
    • GURUNAVI
    • HACHETTE COLLECTIONS JAPAN KK
    • HAYS
    • HERMÈS JAPON CO., LTD
    • HYATT REGENCY TOKYO
    • ICHIKOH INDUSTRIES
    • JK HOLDINGS
    • KERING
    • KPMG
    • L'OREAL
    • LAGARDERE ACTIVE ENTERPRISES
    • LEFEVRE PELLETIER & ASSOCIES
    • LONGCHAMP
    • LVMH MOËT HENNESSY-LOUIS VUITTON
    • MARUYASU INDUSTRIES
    • MAZARS JAPAN KK
    • MIKADO KYOWA SEED
    • MITSUI FUDOSAN
    • NATIXIS TOKYO BRANCH
    • NESPRESSO
    • NIHON MICHELIN TIRE CO., LTD.
    • NIKON-ESSILOR CO., LTD
    • NISSAN MOTOR CO., LTD
    • NTN CORPORATION
    • ORANGE JAPAN
    • OTSUKA CHEMICAL CO., LTD
    • PARK HYATT TOKYO
    • PERNOD RICARD JAPAN KK
    • PEUGEOT CITROËN JAPON CO., LTD
    • PIERRE FABRE
    • PRIOR CORPORATION
    • PURATOS
    • PWC
    • RELANSA, INC.
    • RENAULT
    • RICHEMONT JAPAN LIMITED
    • ROQUETTE JAPAN KK
    • S.T. DUPONT
    • SAINT-GOBAIN (GROUP)
    • SANOFI
    • SIA PARTNERS
    • SMBC
    • SOCIÉTÉ GÉNÉRALE
    • SOLVAY JAPAN
    • SWAROVSKI JAPAN
    • SYSMEX BIOMERIEUX CO., LTD.
    • TASAKI
    • THALES JAPAN KK
    • TMI ASSOCIATES
    • TOTAL TRADING INTERNATIONAL SA., TOKYO BRANCH
    • TOYOTA BOSHOKU CORPORATION
    • TOYOTA TSUSHO
    • VALEO JAPAN CO., LTD
    • VALRHONA
    • VEOLIA WATER JAPAN KK
    • WENDEL JAPAN KK

地図

東京オフィス
〒102-0085 東京都千代田区
六番町5−5 飯田ビル
Tel : 81-3-3288-9621 | Fax : 81-3-3288-9558
(地図を印刷する)

関西デスク
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-19 マニュライフプレイス堂島9階
ボロレ・ロジスティクス・ジャパン株式会社
Tel : 81-6-4795-5126 | Fax : 81-6-4795-5032
(地図を印刷する)

お問い合わせ
コンタクトページへ