チョコレート色

その味に魅せられ、チョコレート王国になった日本

特集  |   | RA

まるでロックスター
ジェローム・ドゥ・オリヴェイラにとって、栄誉を得ることはも はや日常茶飯事だった。2009年、弱冠23歳でパティスリー世界大会(ワールドカップ)に優勝したこの才能溢れる若者は、 行く先々で熱烈な歓迎を受けている。しかし2018年1月に伊 勢丹が開催したサロン・デュ・ショコラ東京での大人気は、そんな当人を仰天させてしまうほどだった。「初日の開場直後 に、私のチョコレートがモチーフのネイルを施した女性がやってきました。自撮りのツーショットを求められたり、ルイ・ヴ ィトンのバッグやIPHONEにサインをしたり…… 最終日には、私に毎日会うというただそれだけのために年間15日有給休暇のうち9日分をまとめて取ったという女性客もいました。身に余る光栄です。消防士の父が尊敬されるのはわかりますが、私はそうではありません」とオリヴェイラ氏は述べた。
チョコレートを熱愛するこの国には、才能豊かな職人が次々と上陸している。東京都内にオープンしたフランス発のチョコレート店は、1月だけで実に3軒にも上る勢いだ(アルノー・ラエール、ジャン=シャルル・ロシュー、ファブリス・ジロット)。セバスチャン・ブイエは10年前から年に4回日本を訪れ、5軒のチョコレート専門店を日本国内で展開している。
「日本は世界でも類を見ないマーケットです」同氏はサロン・ デュ・ショコラのブースでこう述べた。
日本のチョコレート市場は、現状まだそれほど大きくはない。日本人1人あたりの年間消費量は約2 kg、一方フランス人は7 kgにも及ぶ。しかし日本は熱狂的なファンのいる洗練された市場だ。今年のサロン・デュ・ショコラには多くのフランス人を含むチョコレート職人約30人が海外から集結した。あまりの盛況ぶりに、主催者の伊勢丹は会場を百貨店からもっと広い場所に移し、予約制にして混雑を緩和する必要に迫られたという。「日本では常に新しいものを提示し続けなければなりません。熱しやすく冷めやすいのです」とブイエ氏。今年同氏が販売したのは、ルージュ型・コンパクト入りチョコレートだ。「オリジナルな製品は日本人顧客の注目を集めますが、リピーター獲得には従来からのスタンダードな製品が欠かせません」と述べるのは、来日したローラン・デュシェーヌ氏。同氏はパリで日本人の妻、京子さんとともにパティス リー2店舗を経営している。

日本生まれのチョコレートにも注目が集まるようになってき た。「フランス人より良いものをつくる日本人ショコラティエやパティシエもいて、彼らは非常に質の高い素材を揃えてい ます。風味のバランスという面ではもう一息ですが、仕事に対する情熱は驚くべきものですし、フランス人の職人にはないサービス精神とパッケージングのセンスを持ち合わせています」。ピエール・エルメの成功は、日本人の菓子やチョコレートに対する愛情の強さを示す好例だ。アルザス地方で代々続くパティシエ一家に生まれたピエール・エルメは、この職業にイノベーションとアートを持ち込んだ革命家だった。そして彼を大成功に導いたきっかけは、他でもないこの日本にあったのである。今から20年前、エルメ氏は東京のホテルニュー オータニに自身の第1号店舗をオープン。「甘党の大谷和彦さんが、私を信頼してくれたのです」と、その第1号店に隣接する カフェで同氏は振り返る。その後、彼は日本国内に15店舗、フランスにも16店舗を展開することになる。「現在仕事の9割は日仏両国間にあります」と同氏。片足をフランス、もう一方の足を日本に置いて、彼の活動は世界レベルに広がっていく。

甘く、時にほろ苦く
だがフランス人ショコラティエの中には、日本市場におけるチョコレートの「高級」食材としての位置付けに不満を漏ら す人も多い。チョコレートは今なおバレンタインデーやお中元、お歳暮など贈答品の季節にしか消費されないというのだ。「輸入業者が私の作ったチョコレートをPRしているのですが、高級品というイメージを定着させてしまったのです。最初から客を選んでいてはダメだと思うのですが」と、あるフランス人職人は不安を隠せない。一方、日本市場で長い取 引経験のある別の職人はそんな懸念もどこ吹く風のようだ。「上陸直後はマーケティング費用も嵩みますが、3~4年も すればそれも収まってきますからね」。セバスチャン・ブイエ氏は「日本では、チョコレートは日常的なおやつというよりむしろ自分の楽しみのため、また少人数の仲間と一緒に味 わうための嗜好品的な位置づけられています」と述べる。 だが世界各国に500ヵ所の販売拠点を有するショコラティ エ、ステファン・ボナ氏は心配顔だ。「フランスでは過去100年で、結婚式や宗教的行事、クリスマス、誕生日、あるいはパー ティなどチョコレートの消費機会が大きく増えましたが、日本ではあまり変化がありません」。またその逆に、アルノー・ ラエール氏は楽観的だ。「30年前にはフランスでもチョコ レートは季節もので、11月から復活祭(4月)までの期間に消費され、商品の種類も限られていました。ところが今日、チョコレートは日常の一部になり、数多くの美味しい製品が出回って市場も盛況です。日本で10年前に私の作るチョコレー トを最初に買ってくれた20代の若者たちが、今は自分の子供にチョコを買い与えています。こうして子供たちはチョコ レートとともに育つわけですし、日本のチョコレート愛は高まる一方だと思いますよ」。そして同氏はこう結論付けた。東京に店舗をオープンすることを発表したら、履歴書がな んと60通も届きました。この国ではショコラティエという職業はとても敬意をもって受け止められていますし、彼らは私のことをまるで芸術家のように思っています。これこそが日本のマジックですね」。

「フランス・ジャパン・エコー」の一覧を見る

雑誌「フランス・ジャポン・エコー」

雑誌「フランス・ジャポン・エコー」

賛助会員

    • A. RAYMOND JAPAN CO., LTD
    • ADP INTERNATIONAL
    • AGS
    • AIR FRANCE
    • AIR LIQUIDE JAPAN LTD
    • AKEBONO BRAKE INDUSTRY CO., LTD
    • ANDAZ
    • AXA JAPAN HOLDING CO., LTD
    • BACCARAT PACIFIC KK
    • BARON PHILIPPE DE ROTHSCHILD
    • BIOMERIEUX JAPAN LTD.
    • BLUEBELL JAPAN LTD
    • BNP PARIBAS
    • BOLLORE LOGISTICS JAPAN K.K.
    • CHANEL KK
    • CLARINS KK
    • CLUB MED K.K.
    • CREDIT AGRICOLE CORPORATE AND INVESTMENT BANK
    • DAIMARU MATSUZAKAYA DEPARTMENT STORES
    • DAIWA HOUSE
    • DANONE JAPAN CO., LTD
    • DATAWORDS JAPAN KK
    • DELOITTE TOUCHE TOHMATSU
    • DIGITAL SURF
    • EDENRED
    • EN WORLD JAPAN K.K.
    • ENGIE ASIA-PACIFIC LTD
    • ERNST & YOUNG
    • FAURECIA JAPAN KK
    • GARDE
    • GODIVA
    • GRAM3
    • GRAND HYATT TOKYO
    • GROUPE BARRIÈRE
    • GROUPE SEB JAPAN CO., LTD
    • GURUNAVI
    • HACHETTE COLLECTIONS JAPAN KK
    • HAYS
    • HERMÈS JAPON CO., LTD
    • HYATT REGENCY TOKYO
    • ICHIKOH INDUSTRIES
    • JK HOLDINGS
    • KERING
    • KPMG
    • L'OCCITANE JAPON KK
    • L'OREAL
    • LAGARDERE ACTIVE ENTERPRISES
    • LEFEVRE PELLETIER & ASSOCIES
    • LONGCHAMP
    • LVMH MOËT HENNESSY-LOUIS VUITTON
    • MARUYASU INDUSTRIES
    • MAZARS JAPAN KK
    • MIKADO KYOWA SEED
    • MITSUI FUDOSAN
    • NATIXIS TOKYO BRANCH
    • NESPRESSO
    • NIHON MICHELIN TIRE CO., LTD.
    • NIKON-ESSILOR CO., LTD
    • NISSAN MOTOR CO., LTD
    • NTN CORPORATION
    • ORANGE JAPAN
    • OTSUKA CHEMICAL CO., LTD
    • PARK HYATT TOKYO
    • PERNOD RICARD JAPAN KK
    • PEUGEOT CITROËN JAPON CO., LTD
    • PIERRE FABRE
    • PRIOR CORPORATION
    • PWC
    • RELANSA, INC.
    • RENAULT
    • RICHEMONT JAPAN LIMITED
    • ROQUETTE JAPAN KK
    • S.T. DUPONT
    • SAFRAN HELICOPTER ENGINES JAPAN K.K.
    • SAINT-GOBAIN (GROUP)
    • SANOFI
    • SIA PARTNERS
    • SMBC
    • SOCIÉTÉ GÉNÉRALE
    • SOLVAY JAPAN
    • SONY CREATIVE PRODUCTS INC.
    • SWAROVSKI JAPAN
    • TASAKI
    • THALES JAPAN KK
    • TMI ASSOCIATES
    • TOTAL TRADING INTERNATIONAL SA., TOKYO BRANCH
    • TOYOTA BOSHOKU CORPORATION
    • TOYOTA TSUSHO
    • VALEO JAPAN CO., LTD
    • VALRHONA
    • VEOLIA WATER JAPAN KK
    • WENDEL JAPAN KK

地図

東京オフィス
〒102-0085 東京都千代田区
六番町5−5 飯田ビル
Tel : 81-3-3288-9621 | Fax : 81-3-3288-9558
(地図を印刷する)

関西デスク
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-19 マニュライフプレイス堂島9階
ボロレ・ロジスティクス・ジャパン株式会社
Tel : 81-6-4795-5126 | Fax : 81-6-4795-5032
(地図を印刷する)

お問い合わせ
コンタクトページへ