パートナー

ハースト婦人画報社編集局長による富裕層のトレンド「海外セレブリティが注目する最新リゾートアート」

参加費 :
9000 円 パリクラブ会員、在日フランス商工会議所会員
10000 円 一般
お申し込み後に、パリクラブ担当者より、事前振込みの情報をお送りさせていただきますので、宜しくお願いいたします。
(人数に限りがございますので、ご希望の方はお早目にお申し込みください。締切日後のキャンセル、当日の不参加の場合、参加費用の全額を頂戴いたしますのでご注意下さい。お申し込みされた方には、後日、事前振込みの御案内をさせていただきますので御協力の程、宜しくお願い致します。)

開催終了済
bannière paris club

 

次回のSalon de Paris Clubでは、715日(月・祝日)1830分より、ヴォーグニッポンを創刊、ハースト婦人画報社ラグジュアリーメディアグループの編集局長を務める十河ひろ美氏をゲストにお迎えし、専門分野であるハイエンドな領域のお話しを伺います…フランスでは、独立記念日のパリ祭を皮切りに本格的なヴァカンスが一斉にスタートいたします。

今回は、6月28日発売のリシェスで特集される世界のセレブリティが訪れるハイエンドなリゾート地の最前線、そしてファッション界でも注目が高まるアートのトレンドについてインタビューアー、芸術家のMICO MAIが伺います

会場は、ファッションイベントの開催も多いENEKO TOKYO

ヴァカンスの雰囲気漂う最新スポットで、バスク料理をお楽しみください。

 

ゲストスピーカーについて

十河 ひろ美氏 ハースト婦人画報社 ラグジュアリーメディアグループ 編集局長 兼 25ans総編集長 兼 リシェス編集長

1986年、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。「mcシスター」、「25ans」の編集長を歴任し、1999年に退社。「ヴォーグ ニッポン」(「現ヴォーグ ジャパン」)を創刊ののち、2006年に再び「25ans」編集長に就任。2012年には「Richesse」を創刊、2誌の編集長になる。

その後2016年11月に、婦人画報、モダンリビング、美しいキモノ、25ans、25ansウェディング、Richesseの各誌と、25ansオンライン、きょうとあすの各オンラインからなるラグジュアリー メディア グループが発足され、編集局長としてグループを取りまとめながら、25ansの総編集長ならびにRichesse編集長を兼務、現在に至る。

インタビュアーについて

芸術家 MICO MAI

15歳より海外留学、ファッション界名門校Central SaintMartinsにて、Performance Design:コンテポラリーダンス、ライブパフォーマンス、オペラ、映画等の衣装メーク、舞台セットや演出を学ぶ。ロンドン東京を拠点に世界の伝統文化芸能を学び、Performance Paintingの制作を始める。

2016年7月Japan EXPO in Paris出展、同年8月15日竹生島宝厳寺にて弁才天様の仏画と祈りのパフォーマンスを奉納。現地名産である浜ちりめんとガラスが埋め込まれた作品は、本堂に安置されている。

2017年、全国にて1万人以上の人々に指導してきた「黄金瞑想」を母から受継ぎ、ロンドンにて瞑想を教える。同年羽黒山伏の一族が400年間守って来た聖地 「濁沢」へ道無き道を登り滝行のち、その地の聖水で守り隠されていた女神 一対の瀬織津姫の姿絵と舞を出羽三山神社と大聖坊へ奉納。2018年奉納ドキュメンタリー映画「じねん」を発表、日本全国で上映中。

Schedule

15/07/2019
18:00 受付、アペリティフ(ピクニックエリアにてMICO MAIの作品展示)ENEKO Tokyo 1F
18:30 講演 ENEKO Tokyo B1
20:00 懇親会パーティー ENEKO Tokyo 1F
21:00 終了

会場

このページをシェアする Share on FacebookShare on TwitterShare on Linkedin