エネルギー、同じ目標に向かって

Des énergies au service du même but

在日フランス商工会議所主催のカンファレンス『エネルギーの転換:新しいソリューションと効率化』 に、未来のエネルギーシステム開発を目指す産学官の関係者が集結。生産から使用まで、各人が持ち寄ったソリューションをぶつけ合い、忌憚のない意見が交わされた。

7月4日に生まれて

去る7月4日、在日フランス商工会議所はエネルギー分野の牽引役 たる関係者が一堂に会するテーマ別年次カンファレンスを開催し た。経済産業省の小山雅臣氏はこの国につきまとうエネルギー供 給問題への対処法として耐久消費財や日本家屋におけるエネル ギーの効率化を提案、また2030年を目処に国のエネルギーミック スに占める再生可能エネルギーの割合を引き上げるとし(16%か ら24%へ)、水素インフラの整備拡大に向けた官民の連携などに も言及した。

フランス環境連帯移行省から参加したステファン・ルデュ氏が 紹介したのはフランスの掲げるエネルギー計画だ。具体的には 2030年を目処に温室効果ガス排出量を40%削減し、さらに2028 年までに化石エネルギーの使用量を35%、2035年までに原子力 エネルギーの使用量を50%それぞれ削減するとしている。「2023 年までにすべての石炭火力発電所を閉鎖する予定です」とルデュ 氏。同国の計画は、今なお石炭に依存する日本とは一線を画すも のだ。一方水素エネルギーを巡る日仏両国の関心は一致している。 「水素はカーボンニュートラルを達成するために不可欠です」と ルデュ氏は語る。

民間セクターもこの計画の実現に向け足並みを揃える。「エネル ギー需要は1.5倍に膨らみますが、その一方で汚染を半減させな ければなりません。つまりエネルギー効率を3倍高める必要があ るわけです」と説明するのは、シュナイダー エレクトリック ホール ディングスの青柳亮子氏。エンジーのジョン=フランソワ・リビイエ 氏は「脱炭素化、分散化、デジタル化」を強く訴え、建物のコンセプ トとスマート管理という両輪が必要だと述べた。

サンゴバンのフランシス・ショレー氏は「全エネルギー消費の3分 の1を占める」日本の建物の消費量削減に向け総力を挙げて取り 組む必要性を訴え、併せて断熱による快適性の向上や健康増進 についても強調している。株式会社住環境計画研究所の鶴崎敬 大氏は「一生のうち1~2度マイホームを購入する機会がやってき ますが、良い決断をするのはなかなか難しいものです。住居供給 の仕組みを改良していく必要があるでしょう」と呼びかけた。

「一生のうち1~2度マイホームを購入する 機会がやってきますが、良い決断をするの はなかなか難しいものです」

 

新規参入

カンファレンスには同セクターへの新規参入者も参加した。「弊 社ではここ5年間で50棟のパッシブハウスを建てました」と胸を張 るのは、夢・建築工房の代表取締役、岸野浩太氏。水上ソーラー パネルを販売するシエル・テール・ジャパン社の代表取締役、森一 氏は、2013年に「社員3人からスタート、それが今では100人規模 に成長しました」と日本国内市場における同社のサクセスストー リーを紹介。洋上風力発電用浮体基礎の専業企業イデオルの山 田睦氏は、同セクターにおけるフランスの先進的な取り組みを紹 介し、日本におけるその潜在力について説明した。ブイグ アジアの ピエール・ムスティエール氏は、系列会社が開発した太陽電池埋 め込み式の路面型太陽光発電設備『WATTWAY』の日本における 運用に触れ、「これにより道路には第二の機能が付与されること になります」と期待を寄せる。エア・リキードで水素エネルギー事 業部長を務める那須昭宣氏は、日本が積極的に推進する水素エ ネルギーの普及に向けた同社の貢献を紹介。またエナジープー ルジャパン社の代表取締役社長である市村健氏は「事業者、メー カー、そして各家庭…… 誰もが責任を負っています。私たちは皆 何らかの形でエネルギー業界に参画しているのです」と語った。CY

 

 

このページをシェアする Share on FacebookShare on TwitterShare on Linkedin