FJE 158

空を征服

France Japon Eco

言語 : 日本語とフランス語
ページ数 : 80

1年間購読(4号分):3.200円

星の引力を感じる起業家たち

宇宙へ

宇宙はもうすぐそばです。日本は宇宙の獲得へのりだしました。はやぶさ探査機は、3億4000万キロの旅の末に小惑星リュウグウに到着しました。 JAXAはイプシロンロケットとH-IIAロケットの開発を続けています。日本の宇宙計画では、フランス人宇宙飛行士もロケットに乗船することがあります:民間プロジェクトOneweb(ワンウェブ)、ソフトバンク、エアバスとそのパートナーは全世界に高速インターネットを提供するために何百もの小型衛星を周回させています。

航空業界では、日本は備品製造のサプライヤーとなってMRJの開発を続けています。 ホンダは、その一部として、創業者の本田宗一郎の夢であるホンダジェットを運用しています。これはヨーロッパとフランスへの刺激となりました。軍事関係者とともに、ひとり舞台を演じるアメリカの宇宙産業に代替するものを提案します。

詳細は、ICC航空イベントの記事が載る5月末頃に発売の『フランス・ジャポン・エコー』158号で。お楽しみに!

フランス・ジャポン・エコー バックナンバー

このページをシェアする Share on FacebookShare on TwitterShare on Linkedin