出版物

フランス・ジャポン・エコー 166号が発売されました!

FJE166

フランス商工会議所が発行する季刊誌「フランス・ジャポン・エコー」の最新号166号が発売されました。日仏のビジネス界に関する経済情報を提供しています。

仕事の世界

日本では企業(特に外国企業)が良い人材を獲得することが喫緊の課題です。質的な面でも企業側のニーズに応える面でも、労働力不足はますます深刻になっているからです。さらに現在、企業には外国人と日本人、男性と女性、新卒と管理職、不定期雇用者と終身雇用者、など目標や生活のニーズを同じくしない多様な人々に対応することが求められています。どう対処したらよいのでしょうか?企業や採用担当者だけでなく、大学や他の関係者も変化を求められているのでしょうか?そうだとしたらどのような変化なのでしょうか? FJE166が、現場の人々の生きた証言をもとに編纂した記事で、日本の「仕事の世界」を深く知ることをご提案します。

また、この号では、「東京のシャンゼリゼ」表参道で今起きている変化、つまりラグジュアリー部門での不動産取引への深い分析を掲載します。現代日本で最も注目されている社会の舞台裏ほか、様々なトピックスが満載! 世界第3位の経済大国における日本の経済および社会的テーマをフランス語と日本語で読み取るためにフランス・ジャポン・エコー166のご購読、ご支援を宜しくお願い致します。

 

☞ フランス・ジャポン・エコーの定期購読に申し込む

オンラインで記事を読む

このページをシェアする Share on FacebookShare on TwitterShare on Linkedin

その他のニュースを読む

No news available.