[Translate to Japonais:] France Japon Eco N° 159

バトルフィールド

France Japon Eco

言語 : 日本語とフランス語
ページ数 : 80

1年間購読(4号分):3.200円

私達の食べ物を育てる様々な方法

空腹だ

故郷の声が聞こえますか?

日本の農業は、土地の細分化と老朽化によって衰退している印象があります。しかし、近年は高品質な農産物を私たちに届けるため日々努力する人々によって活気づいています。

園芸農業では、流通ネットワークを通さずに顧客に直接販売する「有機」農業の世代に交代しつつあります。また、酒業界が再び活気を取り戻す一方で、日本のワイン畑はゆっくりと増え続け、チーズ製造はヨーロッパの先達者からすでに認められています。さらに、畜産農業では「無駄のない」西洋の成功法を実践しています。

日本の消費者は農産物供給の変化にお気づきですか? フランス・ジャポン・エコー159号で進化を続ける農業の新しいスタイルを見つけてください!

さらに今号では日本の観光業の将来について分析します。ヴァレオの新しい工場の開設その他情報満載でお送りします!

フランス・ジャポン・エコー バックナンバー

FJE 158

空を征服

星の引力を感じる起業家たち

このページをシェアする Share on FacebookShare on TwitterShare on Linkedin