企業トピックス

エールフランスKLM と堀場製作所は、 SAF(持続可能な航空燃料)プログラムでの協力提携に合意

Air France-KLM and Horiba signed an agreement for the development of Sustainable Aviation Fuel (SAF)

エールフランス KLMと堀場製作所は、持続可能な燃料産業の発展に向けた更なる一歩となる契約を締結。

堀場製作所は、エールフランス KLMのコーポレートSAFプログラム(Sustainable Aviation Fuel)に参加する契約を締結しました。エールフランス KLMによるコーポレートSAFプログラムは、持続可能な航空業界の未来に積極的な役割を果たすことをビジネス界に呼びかけ、次世代の航空輸送に貢献します。CSR活動を積極的に推進する堀場製作所が、航空輸送を持続可能な産業として継続することを目指すエールフランスKLMの取り組みに賛同し、今回のパートナーシップ提携にいたりました。

エールフランス KLMは、代替燃料の研究開発プログラムに以前より取り組んできました。2011年、両社は、化石燃料に代わるエネルギーの実用化が可能であることを実証しています。KLMオランダ航空は2020年2月、世界で初めて、持続可能な合成ケロシンを定期運航旅客便に搭載して運航し、2021年5月、エールフランス航空はフランス国内産SAFを利用した最初の長距離飛行をパリ・シャルル・ド・ゴール空港‐モントリオール間で実施しました。このフライトに使用した燃料は、廃棄物や残留物から航空燃料を生成する循環型生産工程で生産されました。

 

エールフランスKLM日本・韓国・ニューカレドニア支社長 ギヨーム・グラス氏は以下のように述べています。


「エールフランスKLMは、環境負荷の低い新機材の導入と、エコパイロット操縦によるCO2の削減、お客様にご参加いただくCO2オフセットプログラムのご提供など、他社に先駆けて取り組んできた航空輸送の脱炭化対策を、この度発足したコーポレートSAFプログラムを通じてさらに次の段階へ進めます。このプログラムにご参加いただいた日本の企業様には、業務出張の一部または全域についてCO2排出量を80%削減していただけます。堀場製作所様には、私共の取り組みにご賛同をいただき、御礼申し上げます。」

 

詳細とプレスリリースはこちらから

このページをシェアする Share on FacebookShare on TwitterShare on Linkedin

その他のニュースを読む

No news available.