フランス・ジャポン・エコー167

エネルギー

France Japon Eco

言語 : フランス語/日本語
ページ数 : 80

3200 円 (税込) 1年間 - 4 冊分

Subscription

ゼロへの競走

⽇本は2030年、そして2050年、近い将来CO2排出量をゼロにするために、独⾃の競⾛で参加しています。今⽇、再⽣可能エネルギーや原⼦⼒、⽔素、化⽯など、あらゆる選択肢が私達の前には⽤意されています。このグローバルな戦いに貢献するために、どのように独⾃のアプローチをとるのか。また、化⽯燃料の "古い⽅法 "と、再⽣可能エネルギーの "新しい⽅法 "がどのように連携するのか。こうした改⾰の中で、フランス企業はどのような役割を果たすことができるのでしょうか。フランス・ジャポン・エコー167では、⽇本のCO2排出量削減の取り組みについてご紹介いたします。

本号では、⽇仏関係の知られざる重要なストーリーを紹介する新コーナー「Le jour où」また、⽇本における「免税品」流通分野の重要性に関する記事、オリンピック開催に関わる企業の紹介などをはじめ、その他にも様々な記事がございます。
世界第3位の経済⼤国の経済・社会問題を、フランス語と⽇本語で深く理解して⾏くために、「フランス・ジャポン・エコー167」ご購読、ご⽀援をよろしくお願いいたします。
 

記事を読む

雑誌を読みたい方は、専用アカウントからログインしてください。

フランス・ジャポン・エコー バックナンバー

アフリカ- チャンス ー課題

アフリカ

チャンス ー課題

このページをシェアする Share on FacebookShare on TwitterShare on Linkedin